中国ビザ 提出情報の多さに驚いたら大連アライバルビザもあり

膨大な個人情報・他人・関連情報が必要な通常中国ビザ

中国ビザ申請時の提出パスポート画像サンプル
中国ビザ申請時の提出パスポート画像サンプル

 現在、中国入国に必要なビザ、観光(L)が一般的だと思われますが、取得申請するための情報を取り寄せて、「…」となっている方は多いようです。

 提出する情報は、コロナ禍前と比べても非常に多くなっています。個人情報だけなく、両親、配偶者、子供、保証人から上司、元上司など他人情報、関連情報など膨大です。

 そんな時は、4月1日から受け付けが始まった「大連アライバルビザ」をご検討ください。

 大連イン・アウトとなる簡易ビザですが、大連から上海や広州など国内移動もできる30日間有効のシングルのLビザです。

 大連アライバルビザの詳細は、こちらをご覧ください。

 申請条件は2人以上となっており、これがネックだというお客さまが多いようです。

 大連コリアツアーズでは、前後でアライバルビザ入国されるお客さまがいたら、日程調整のお声がけをさせてもらっています。

 入国前のアライバルビザ取得時だけ一緒であれば、入国後、ご帰国もバラバラの別行動でまったく問題ございません。

北朝鮮旅行再開時にはダブルのビザが必要

 今年秋シーズン前には再開されると推測される北朝鮮旅行ですが、再開後、経由地の中国の入国ビザも必要となります。

 北朝鮮旅行再開に備えて、スムーズな中国ビザ取得の準備も兼ねて、ビザ手配代行を行っています。

 残念ながら、上記でご紹介した大連アライバルビザでは、訪朝できません。行きと帰りの2回、中国への入国が必要のため、シングルではなくダブル以上が必要となるためです。

 コリアツアーズでは、北朝鮮旅行・ツアー再開を見越して、Lではなく、より安全に滞在できるダブルの出張(M)ビザ取得を考えています。

 皆さまの安全を最優先に、より利便性を向上させるたべく、今よりも簡単にビザを取得できないかも、中国関係部局と交渉していこうと思います。

 これも中国の旅行会社の強みの1つだと言えるのではないでしょうか。

 冒頭の写真は、大連アライバルビザ申請に必要なパスポート画像のサンプルです。

 パスポート画像もコロナ禍前よりも厳しくなっています。

・スマートフォン等のカメラ撮影ではなく、スキャンした画像(コンビニ等で問題なし)。
・顔写真のぺージの上のページも含めてスキャンする。
・スキャン画像をトリミングしない(四隅を映す)。

 このルールは通常申請のビザでも共通となっています。

ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

Xで表示トラブル発生中? SNSフォローで北朝鮮ツアーの情報を

朝鮮旅行(コリアツアーズ)Xトップ画面
Xやフェイスブック他にも各SNSでも発信中

コロナ禍後も投稿継続中

 公式サイトへもプラグインで表示させている旧ツイッター(X)の表示に不具合が起こっているようです。

 仕様の変更か、一時的なトラブルかは定かではありませんが、最新ポストが表示されなくなっています。

 コリアツアーズは、SNSの中でXへの投稿が一番多いため、北朝鮮旅行・ツアーについて知りたい方はぜひフォローくださいませ。

https://twitter.com/koreatoursdl

 フェイスブックページもあります。

https://www.facebook.com/koreatoursdalian/

 コロナ禍後も頻度は減っていますが、定期的に投稿しています。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

北朝鮮旅行再開は? 2024年北朝鮮カレンダーの写真を眺めて準備

北朝鮮カレンダー2024(主体113)
国際親善展覧館に展示されている世界各国からの贈り物がデザイン

北朝鮮カレンダー2024

 北朝鮮旅行再開っという話は、残念ながら現時点でもまだございません。

 経由地である中国人向けツアー再開についても中国当局から通知がない状況です。

 最新情報が入れば、コリアツアーズ公式サイトやSNSでお伝えします。

 さて、北朝鮮への旅行が停止して4度目の2月を迎えています。

 私たちコリアツアーズが、丹東経由の大連で入手した北朝鮮カレンダー2024(主体113)をご紹介します。

 紹介するのは、1枚目に透かしで映る妙香山「国際親善展覧館」に展示されている各国から贈られた品々がデザインされたカレンダーです。

 吊り具は、丈夫な金属でしっかりして、全ページをきれいにめくることができます。

 もちろん、朝鮮暦のため、2月16日の光明星節と4月15日の太陽節は特別な太字となっていますよ。

 美術品を中心とした贈り物がデザインされていますので、普段遣い、ご家庭や職場でもご家族や同僚の皆さんたちの目を気にすることなく堂々と飾れそうですね。

 2024年カレンダーの写真でも眺めながら、北朝鮮ツアーが再開した光景でも思い浮かべたいものですね。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

【速報】日本人向け北朝鮮旅行 予想に反して大幅に前倒しで再開か?

日本人向け北朝鮮ツアー再開発表は近い?
日本人向け北朝鮮ツアー再開発表は近い?

ついに動き出した朝鮮との往来

 国際列車や高麗航空が単発ではありますが、平壌との運行が再開されています。

 また、コロナ禍で朝鮮へ帰国できずにいた朝鮮人たちの帰国、入国が再開したと公式発表されています。

 朝鮮との往来がいよいよ動き出したわけです。

 ここで、ついに観光目的での渡航についても新しい情報が入ってきています。

 まだ、公式なものではございませんので、公開できる段階になったら改めて発表します。

 観光目的での北朝鮮ツアーは、中国人から再開されると、コリアツアーズでは、平壌や中国に駐在する朝鮮人関係者らとの話から予想していました。

 しかし、当初の予想に反し、中国人以外の外国人には、嬉しい誤算となりそうです。日本人向けの観光目的での訪朝再開が大幅に早まる可能性がございます。

 詳細情報を確認しつつ、北朝鮮旅行再開後の大きなハードルになりそうな、日本人向けの中国ビザの情報もコリアツアーズでは並行して集収しています。

 コリアツアーズは、朝鮮への確実な入国と出国を手配するのが手配サービスの幹です。

 加えて、今、朝鮮以上に不安を持つ人も少なくない経由地である中国での安全な滞在、移動についても、中国大連の旅行会社だからこそ得られるしっかりとした最新情報、注意点をご提供することでサポートしてまいります。

 続報をどうぞお待ちください。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

北朝鮮旅行したら中国でも平壌冷麺 東京でも冷麺にビャンビャン麺?

東京にも美味しい冷麺がたくさんある
東京にも美味しい冷麺がたくさんある

冷麺好きに人気の瀋陽平壌館の営業を確認

 日本の冷麺好きのお客さまに人気がある中国瀋陽のコリアンタウンにある「平壌館」へコリアツアーズ代表が行ってきました。

 元気に営業していることを確認しています。

 「北朝鮮旅行へ行ったらぜひ平壌冷麺を」と先日の記事でもお伝えしたのですが、朝鮮食堂、いわゆる北朝鮮レストランのメニューには、必ずと言っていいほど平壌冷麺や店によっては、咸興冷麺など冷麺があります。

 咸興冷麺は、盛岡冷麺のモデルになっと言われるものです。ですが、現在の盛岡冷麺とは、まったく違う魚介類の肉を使った冷麺となります。

 北朝鮮ツアーへ行くなら、朝鮮で冷麺を楽しむのはもちろん、帰路の丹東や瀋陽、北京などの朝鮮食堂で、シメに冷麺の食べ比べを楽しむのもお勧めです。

 さて、先月訪日した中国朝鮮族のお客さまが、冷麺を食べたいと希望したので、東京蒲田へ冷麺を食べに行きました。

 日本にも朝鮮の冷麺とは少し違うけど、美味しい冷麺がさくさんあります。

 特に中国東北(東北3省)人は、まるで日本人のように麺好きが多くいます。このお客さまは、朝鮮羅先へ出張や平壌を旅行した時にもよく麺類を食べていたそうです。

電子レンジで気軽に調理できるビャンビャン麺も売られている
電子レンジで気軽に調理できるビャンビャン麺も売られている

漢字が書けないビャンビャン麺?

 このお客さまとは、東京在住の朝鮮族の間で人気がある高田馬場の西安料理店で「ビャンビャン麺」も楽しんでいます。

 ビャンビャンとは、現代の省略した中国の簡体字でも、なんと58画もある難解な漢字を重ねた食べ物の呼称です。

 店内は、高田馬場という場所柄もあり、中国人を中心に、東南アジアの人たちと思われる多国籍なお客さんらで賑わっています。

 他にも東京最大のコリアンタウン新大久保のモダン韓国料理店の食事も楽しんでいます。

 創作海鮮料理が人気メニューのこのお店は、平日にも関わらず、若い日本人と思われる女性を中心に入店待ちしていました。

 訪日した朝鮮族のお客さまは、多国籍で多種多少な民族の料理が楽しめる東京、しかも、どれも美味しいことに大いに驚いていました。

 皆さま、お勧めの朝鮮、韓国、中国の料理などありますか?

 ぜひ、フェイスブックやツイッターなどSNSでシェアくださいませ。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

北朝鮮ツアー6万5千円? 7月出発を謳っている可能性があり注意を

【6月出発】国際列車で行く北朝鮮旅行4泊5日で1人6万5000円?(一部へモザイク)
【6月出発】国際列車で行く朝鮮旅行4泊5日で1人6万5000円?(一部へモザイク)

うその北朝鮮ツアー募集に注意

 先日お伝えした「北朝鮮旅行へ行ける?」の続報です。

 中国のSNS上で飛び交うツアー募集についてご紹介しました。

 「大連から4泊5日、国際列車利用での朝鮮ツアー大人1人約6万5000円」

 控えめに言って虚偽、うその募集です。

 7月10日現在でも中国人向けの朝鮮観光は再開されていません(新義州や羅先などエリア限定の旅も含めて)。

 このツアー情報は、WeChat(ウィーチャット・微信)で友人限定に表示されているものです。

 そのため、ウィーチャット上を検索してもヒットしません。

 多くの日本人の皆さまは、この情報に接することはないと思われますが、念のためのご注意ください。

 前回の記事の後、中国人のお客さまに確認したら、実際にツアー費用を振り込んだ…という人がいるそうです。

 当然ながらツアーは実施されておりません。

 さて、振り込んでしまった旅費はどうなったのでしょうか。

 おそらく、返金されていないでしょう。

北朝鮮旅行で危険なのは中国?

 これらのツアー情報の発信者から私たちには、「朝鮮ツアーへ行ける。旅費を振り込んでください」なんて誘いはまったくありません。

 相手も私たちが、朝鮮観光を手続きできる代理店資格を持っている旅行会社だと知っているからでしょう。

 まだ調べていませんが、7月も同じように、たとえば、“7月12日出発ツアー”などを謳った朝鮮ツアー募集を出していると思われます。

 日本人の皆さまは、振り込んだりはしないと思いますが、どうぞご注意ください。
 
 こう考えると「北朝鮮旅行での危険」は、朝鮮ではなく、中国人や中国企業なのではないかと思ってしまいますね。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

「北朝鮮旅行へ行ける」 中国SNS上で飛び交う北朝鮮ツアー情報

ウィーチャット上で拡散する北朝鮮ツアー募集(一部へモザイク)
ウィーチャット上で拡散する朝鮮ツアー募集(一部へモザイク)

WeChatの友だち限定で発信される「北朝鮮旅行・ツアー情報」

 「7月から北朝鮮ツアー再開する」という情報が出回っているようでコリアツアーズへお問い合わせをちょうだいしています。

 また、日本の一部大手メディアでも報じたそうですが、私たちが27日時点で確認しているのは、「中朝国境が完全開放、平壌への観光が再開するとの情報はない」ということです。

 実は、中国のWeChat(ウィーチャット・微信)には、このような朝鮮ツアー情報が飛び交っています。

 このフライヤー(?)は、公開情報ではなく、LINEで例えると友だち限定で公開されているものです。友だちになっている人のみ口コミ的に流されています。

 これらの情報を見て、「北朝鮮旅行再開か?」と思い込んでいる人もいるのかなと推察しております。

実施されない北朝鮮ツアーを発信する目的は?

 もちろん、6月14日も21日も朝鮮ツアーは実施されていません。28日も実施されることはないでしょう。
 
 具体的な旅費やホテルまで明記していますが、内容を多少変更して同じようなツアー募集告知を繰り返し出し続けているようです。

 「何の目的で?」と思いますか。私たちもわかりません…。

 把握しているのは、発信者は、旅行会社の関係者やまったく無関係な個人だったりします。

 確認すると、旅行会社ではありますが、日本人はもちろん、中国人であっても朝鮮旅行の手配ができない代理店ではない旅行会社だったりします。

 おそらく、旅行会社や個人もツアー参加者を募集して手配資格がある代理店へ丸ごと委託して手数料を取ったりしているのではないでしょうか。

 あるいは、見込み客のリスト集め、再開後へのつなぎ、営業していることのアピールなどの目的もあるかもしれません。

未実施ツアーを告知してもペナルティなしの中国

 このようなツアー情報がSNS上で出回る背景には、中国は、国境封鎖や疾病、自然災害などやむを得ない事情であれば、例え実施されないツアー情報を告知しても処罰されないという法制度にも一因があるかもしれません。

 これがツアー費用などを徴収して返金しないなど詐欺的なトラブルに発展すれば、営業停止や罰金などのペナルティを受ける可能性はあります。

 新義州や羅先などエリア限定での観光再開という話はちらほら出ています。

 しかし、いずれも中国人限定での話です。先に中国人、その後、その他の外国人へという流れは変わらないように思われます。

 北朝鮮ツアー再開情報は、手配資格を持つ旅行代理店からの情報を参考にされるようにお願いします。
 
 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

時価の海鮮でツアー代超えも 北朝鮮旅行での食事はいくらかかるの?

北朝鮮ツアー参加者もお勧めの高麗ホテルの平壌冷麺
北朝鮮ツアー参加者もお勧めの高麗ホテルの平壌冷麺

入国後は朝昼晩3食ツアー費用に含まれる

 「ツアーでの食事代っていくらくらいかかるの?」この質問もよくちょうだいします。

 結論から書くと、朝鮮入国後は全食ツアー料金に含まれています。

 たとえば、丹東(遼寧省)から国際列車で平壌へ入り、復路は空路で平壌から瀋陽(遼寧省)へ3泊4日という北朝鮮ツアーだったとします。

 以下は新型コロナウイルスまん延前の旅行情報での紹介です。

 国際列車は午前10時発、集合は丹東駅に8時となります。

 丹東前泊を推奨していますので、出発当日はホテルの朝食、または丹東での外食(ファストフードやラーメン、お粥などお店は豊富です)。国際列車出発後、昼食は朝鮮最初の駅である新義州駅の出発直後になります。昼食は、お弁当を持ち込むか、食堂車での食事となります。この昼食はツアー費用に含まれておりません。

 平壌駅へ到着するのは、午後7時頃となり、平壌駅で担当ガイドと合流し、そのまま宿泊ホテルへ向かいます。

 多くの人が、チェックイン後、荷物を置いたら、先にホテルで夕食をとってからガイドからツアーの説明を受けます(初日の夕食からツアー代金に食事が含まれています)。

 2日目、3日目は、ホテルで朝食(洋食、お粥などご飯もあり)、昼食、夕食は観光の間に指定のレストランで食べます(大同江ビールや朝鮮焼酎、コーヒーなど飲料は別料金)。

 最終日4日目は、ホテルで朝食をとり、そのままホテルをチェックアウトして平壌市内を観光しながら平壌順安国際空港へ向かい出国し、午前お昼近くの高麗航空で瀋陽へ飛び立っていきます。

 というわけで、北朝鮮旅行中の多くの食事は、ツアー費用に含まれています。

食事の追加オプションでの注意点

 食事は有料オプションとして追加して楽しむこともできます。

 リピート訪朝者に多いのですが、夕食はビザを食べたい、中国風の火鍋を食べたい、和食を食べたい、カフェやバーに行きたいなど希望することができます。

 注意点はツアーに含まれる夕食などと差し替え(捨てて)行くことになります(カフェやバーの場合はケースバイケース。要事前確認)。

 しかも、同行ガイドや運転手の分も負担する必要があるので、オプション費用は、ツアー参加人数×3人以上となります。

 そのため、参加されるお客さまにお願いしているのは、必ず最初にオプション費用を確認してください。

 中国人のお客さまのケースですが、オプションで海鮮料理を希望して、追加費用を確認せずに注文していたら時価でツアー代を超える費用を請求されたケースがあります(現金の持ち合わせがなく支払いが修羅場だったようです)。

 なので、オプション料金の事前チェックはマストでどうぞお忘れなきように。

 これらはカラオケ(KTV)やハマグリのガソリン焼き、玉流館などと同じような追加オプション扱いとなります。

朝鮮料理のマンドゥ(餃子)と中国の餃子を食べ比べてみては?
朝鮮料理のマンドゥ(餃子)と中国の餃子を食べ比べてみては?

ツアーレストランでの冷麺追加のお勧め

 コリアツアーズのお勧めは、ツアーの食事で追加注文することです。

 ほぼすべての昼食、夕食のレストランで平壌冷麺が有料で追加できます。他にも北朝鮮の有名な食べ物として朝鮮風お好み焼きピンデトッや日本でもおなじみのスンデも韓国とは違った風味で楽しめますよ(メニューあり店も)。

 ツアーに含まれているレストランのため、ガイドの負担がないこともあり、安く追加することができます。お勧めです。

 標準の料理だけだと「ちょっと物足りないな」「小腹減ったなー」と思ったら冷麺やトウモロコシから作られる温麺などを追加で頼んでみるのはいかがでしょうか。北朝鮮旅行がより楽しめること間違いなしです。

 ここでの追加時にも、メニューがあればよく確認し、費用の事前チェックは、お忘れなくお願いします。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

中国人 日本旅行解禁 インバウンド中国人観光客はどんな人たち?

中国人 日本旅行解禁
某有名番組のインタビュー(成田空港)

中国人向け北朝鮮ツアー日本人より先に再開か

 コリアツアーズの母体である大連の旅行会社では、2月上旬から中国人のお客さまの海外渡航が復活しています。

 昨日も日本のイベント観覧のため20人ほどで訪日しています。

 日本から見るとインバウンドということになりますが、実は、まだ中国では日本向けの団体旅行は再開されておりません(韓国や米国も)。

 現在、中国の旅行会社が、中国人観光客に手配できるのは「個人ビザ」となり、個人ビザを取得した人を同じ日程で案内するグループ旅行を実施しています。

 個人ビザを取得するためには、年収証明書を提出する必要があります。

 そのため、現在、日本へ観光で訪れることができるのは、かなり限られた中国人ということになっています。

 まだまだ訪日する中国人観光客は、コロナ禍前と比較すると少ないということになります。

 これら比較的に生活に余裕がある中国人たちが、北朝鮮旅行もします。

 現時点では、中国人向けの朝鮮ツアーも再開されておりませんが、過去の事例から考えると、中国人が一番最初に朝鮮観光が解禁されると思われます。

 その後に韓国人を除く外国人もツアー再開という流れになると予想されます。

 コリアツアーズは、先行で朝鮮を訪れるであろう中国人旅行客の情報をしっかりと収集し、朝鮮側とも綿密なコミュニケーションを取り、日本人旅行客へフィードバックすることで、より安心確実な朝鮮入出国、中国滞在を実現できるように生かしていきます。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

今秋に大連から平壌へチャーター便も? コリアツアーズ会社紹介を更新

北朝鮮旅行を手配するコリアツアーズの会社紹介

 コリアツアーズ(朝鮮旅行)の会社案内を更新です。

 コリアツアーズは、中国大連の旅行会社ではありますが、中国での「関係」を生かすことでお客さまの「確実な朝鮮入国と出国を確保し、安全な中国滞在」へ還元することに注力する旅行会社です。

 現在、新型コロナウイルス規制緩和で中国人富裕層の訪朝ニーズが高まっています。

 まだ、未発表ではありますが、朝鮮観光の再開後の今秋には、大連から平壌へのチャーター便を飛ばすことも計画しています。

 コリアツアーズでは、過去にもチャーター便を飛ばした実績があります。

 主な利用客は、中国人顧客がメインとなりますが、コリアツアーズのお客さまである日本人を含む他の外国人も搭乗利用できるようにする予定です。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。