よくあるご質問

LINEで送る
Pocket

Q.ツアー料金に食事は含まれていますか?

A.3食含まれています。

 ツアーの旅費に朝昼晩の食事がついています(入国日は夕食のみで出国日は朝食のみ)。食事の追加やビールなどの追加もできます。または、オプションとして別の行きたいレストランへの変更もできます。さらに詳しくはこちらをご覧ください。

Q.申込時に必要なものは?

A.3点の情報のご提出をお願いします。

 1.弊社から送付する朝鮮渡航手続き申込書(ワードファイル)。2.パスポートの顔写真のページ。3.お顔写真。以上3点を送付ください。必要写真はそれぞれスマートフォンで撮影されたもので問題ございません。お顔写真は、証明写真のように肩から上が映るように撮影ください。

 貼付サイズが大きいと中国の通信事情の関係で受け取れないことがありますので、リサイズいただくか、おくりん坊のようなファイル転送サービスをご利用ください。さらに詳しくはこちらをご覧ください

Q.スマートフォンは持ち込めるのか?

A.持ち込めます。

 2013年までは預かり対象だったスマートフォン(携帯電話)は規制が緩和されて現在は持ち込みができるようになっています。日本のSIMカード(ローミングされたものも含めて)は使えませんが、端末をカメラや音楽プレイヤーなどとして使うことができます。入出国の際に保存写真や画像のチェックを受けることがありますのでご注意ください。また、入国後に朝鮮のSIMカードをレンタルしたり購入することもできSIMフリー端末なら持ち込んだスマホで日本へ国際電話できます(国際電話専用)。

Q.日本から中国までの航空券も合わせて手配できるか?

A.できます。

 他にも中国で宿泊するホテルや中国国内を移動するための高速鉄道などのチケット購入代行、空港からの送迎なども朝鮮ツアー費用とパッケージでご提供もできます。お気軽にご相談ください。

Q.ロシアへの鉄道チケットは自分で購入する必要があるのか?

A.コリアツアーズ(朝鮮旅行)で手配できます。

 豆満江駅からロシアのハサン駅、ウスリースク駅、ハバロフスク駅、さらにモスクワ駅まで乗り換えなしで行けます(約7日間)。ウラジオストク駅へは、ウスリースク駅から乗り換えとなります。

Q.ロシアビザはどうやって取得するのか?

A.日本で取得してください。

 中国のロシア大使館や領事館は中国人以外の外国人のロシアビザは取得できないためです。

Q.豆満江発の国際列車はどんな車両で食堂車はあるのか?

A.利用する国際列車はロシアの二段ベッドの寝台車です。食堂車はウスリースク駅までありません。

 発表されている運行スケジュール上ではウスリースク駅で食堂車と連結します。国際列車は現地時間の夜11時ごろウスリースク駅へ到着。その後、食堂車と連結します。

Q.パスポートに朝鮮の入出国スタンプが残ると韓国やアメリカなどの入国でトラブルになる?

A.なりません。

 そもそも、朝鮮の入出国スタンプはパスポートには残らないからです。観光査証(ビザ)での入国の場合は、顔写真や名前などが書かれた別紙の観光査証へ入国スタンプを押してパスポートへ挟み、朝鮮滞在中、パスポートはガイドが預かり、帰国前に空港や駅でお返しして、入国スタンプを押した観光査証へ出国スタンプを押しそのまま用紙ごと回収してしまうのでパスポート上には空白期間だけ残りスタンプは残りません。

 コリアツアーズのお客さまで訪朝後に韓国やアメリカ、ヨーロッパ諸国などへ行った人もいますが、トラブルになったという話は聞いたことがありませんのでどうぞご安心ください。

Q.お申し込みからご出発までの流れについて教えて?

A.入国希望日の14日前には申込みを終えてください。

 日程や料金などご確認の上、訪朝決定⇒申込書類を弊社へメールで送信⇒査証(ビザ)申請⇒初審査(入国許可・1回目)通過⇒旅費の振り込み(日本円で日本の銀行口座)⇒本査証申請(2回目)⇒査証発行⇒発券(列車切符 or 航空券)⇒【出発当日】丹東駅(または北京首都国際空港 or 瀋陽桃仙国際空港)で査証原本とチケットを受け取り出発⇒中国出国(いってらっしゃい!)

<補足>
・列車の場合 朝鮮新義州駅着後、列車内にて入国審査(書類確認と荷物検査などで2、3時間停車)⇒再出発⇒平壌駅着後ホ-ムにて現地ガイドと合流

・飛行機の場合 北京首都国際空港 or 瀋陽桃仙国際空港にて平壌行き高麗航空に搭乗⇒平壌順安空港着⇒入国審査前エリアで現地ガイドと合流

 なお、審査は2回ありますが、1回目の審査に通るも2回目で通らないことは過去にはございません。手続きの流れ上、朝鮮への入国審査と本審査と2度あります。残念ながら審査が通らな場合は1回目の入国審査で不許可となります。