朝鮮ツアーキャンセル料金 キャンセルよりリスケのほうがお得なのでお勧め

LINEで送る
Pocket

北朝鮮旅行キャンセルは?

大幅に問い合わせが増えた2018年朝鮮ツアー

 おかげさまで2018年、朝鮮観光へのお問い合わせが大きく増えました。そこでよくいただくご質問の1つとして「キャンセル料金は?」がございます。

 今回はキャンセルポリシーについてご説明します。他国のキャンセルポリシーとは異なっておりますので、ご理解の上で上手に活用ください。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

キャンセル料金40%。振込前はビザ申請費7000円

 
 朝鮮側のルールで訪朝を手配するどの旅行会社でも同じかと思われますがツアー費用お振込み後のキャンセル料金は旅費の40%となります。

 お申込み後、お振込前であれば、査証(ビザ)代7000円のみいただくようにお願いしています。入国申請をした段階でコリアツアーズが査証代を先に支払っている関係です。


North Korean Locals on a Train
国際列車でのんびりと非日常的な時間で旅をしませんか?

 ただし、ツアーキャンセル時のキャンセル料の割合は年によって異なりますので、都度、確認が必要なります。そのためあくまで参考値としてください。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

リスケだと手数料5%前後。半年後くらいまで再調整可

 キャンセル料金は決して安くないと思います。そこで、コリアツアーズがお勧めしているのは、ツアー自体のキャンセルではなく、リスケ(ツアー日程の変更)です。

 リスケだと手数料5%(年によって多少上下)で済みます。

 たとえば、12月末のカウントダウンツアーへ行こうと計画していたけど、どうしてもお仕事の都合で行けなくなってしまったという場合は、ご都合のいい3か月後や半年後で再調整ください。人数やタイミングで旅費も変動しますので、差額が必要だったり、返金もさせていただきますが、リスケの手数料は元々の旅費の5%前後でリスケさせてもらっております。

 キャンセル料40%とリスケ料5%となっておりますので、両者の違いを上手に活用いただき朝鮮への旅をより豊かなものにしてください。

 ツアーコースを全く違うもの、たとえば、往復丹東からの国際列車のCコースから北京発着のツアーAコースや羅先観光+ロシアへの国際列車での出国ツアーなどコース自体の変更も柔軟にさせてもらっております。お気軽にご相談ください。

 最後に「最大どの程度の期間まで日程変更できるのか?」ですが、コリアツアーズの実績では、最長10か月というお客さまがおりましたが、トラブル等を考慮して数か月から半年先くらいを目安に計画くださればと思います。

 ツアー出発直前でのキャンセルやリスケになればなるほどキャンセル料金やリスケ費用は上がることがございます。ご了承ください。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)