外国人観光客の朝鮮入国全面停止について(1月22日より即日実施)

【重要】外国人観光客の朝鮮入国全面停止について

 公式フィエスブックやツイッターアカウントでは発信しておりますが、朝鮮より本日22日から全外国人観光客を当面の間、全面入国停止すると発表がありました。入国停止期間は未定です。

 今月末や2月の光明星節に合わせて訪朝予定だったお客さまには順次連絡をさせていただきます。

 入国再開時期が不明なため、4月12日(日)に開催予定の平壌国際マラソンも現時点では不明となっております。情報が入り次第お伝えします。

 訪朝を楽しみにされていたお客さまにはまことに残念ではございますが、どうぞよろしくお願いします。

コリアツアーズ(朝鮮旅行)

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

平壌地下鉄全線乗車&平壌市電乗車オプション実現 鉄道三昧なお客さまからの感想

北朝鮮・平壌地下鉄乗車オプション

昨年8月から地下鉄全線乗車オプション開始

 昨年、晩夏に訪朝されたお客さまの感想をご紹介します。

 旅の日程は、北京から空路で平壌到着。金剛山、元山と観光されてて、平壌から国内列車で新義州下車。新義州観光、国際列車で丹東へ出国という朝鮮観光をされています。

 このお客さまは、平壌で昨年夏から開放された地下鉄全線乗車オプションと平壌市電(トラム)乗車オプションを体験されています。

 平壌地下鉄は、通常の平壌観光で1、2駅乗車する千里馬線と、革新線という2路線あります。革新線は、外国人観光客向けには開放されていなかった路線だったのですが、昨年8月から本格的に開放されて、2路線を乘り、複数の駅へ降車するというオプションです。ちなみに千里馬線8駅、革新線8駅ありますが、降車する駅は、そのときの工事などの状況によって異なります。

 平壌市電乗車オプションは、タイミングにされるため、観光客が多いタイミングなどでは実現が難しいものです。ともに特別乗車であることを前提にご検討ください。

 以下は、改行を除き原文のママとなります。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

平壌鉄道三昧オプションを体験されたお客さまの感想

1.市電乗車
 1万5000円で万景台~平壌駅間で乗車できました。

 無理だと思っていたので、朝鮮側へ伝えてくださったことに感謝いたします。

 一般に使っている列車でなく、金日成主席が乗車した特別な車輛でした。

2.地下鉄全線乗車
 いくつか駅に降りたこともあってか、トータルで2時間以上かかりました。

 千里馬線に終点まで乗った後、革新線の始発駅から終点まで乗ったかたちです。

(3回目の訪朝男性)

北朝鮮・路面電車(トラム)乗車オプション

OP費用は1万5000円。今年は清津のトラムも乗れる?

 ご感想有り難うございます。市電は特別車両へ乗れたようですね。素晴らしいです。

 2の平壌地下鉄2路線乗車オプションは、昨年夏の開始当初は10000円で、現在は、15000円となっています。

 1の市電乗車はかなり難しいので貴重な体験をされたと思います。ご関心がある方は、お問い合わせください。ただし、実際に実現するかは、平壌に着いてみないと分からない部分が大きくその点はご了承くださいませ。

 また、2020年は、朝鮮北東の清津(チョンジン)の市電(トラム)乗車もオプションとしてできるかもしれません。現在、確認と調整をしております。また新しい情報が入ればお伝えします。清津のトラムは、1999年に開通と比較的に新しい路線となります。

 まだ清津のトラムへ乗車した外国人観光客は、ほぼ皆無かと思われます。ぜひ未体験な経験をしてみませんか?

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

高麗航空の電子チケット 搭乗体験とともに朝鮮旅行の思い出にJSeチケも

JSの電子チケット

高麗航空の電子チケット。預け荷物は最大23kgでもちろん重量オーバーにも対応

 高麗航空、航空会社コードはJSと呼ばれる朝鮮国営の航空会社です。平壌から中国北京、瀋陽、ロシアのウラジオストクへ定期便、上海へチャーター便を飛ばしています。
 高麗航空も他社同様に電子チケットがあるんですよ。搭乗予定者には出発前にはPDFファイルでお渡ししています。

 注目は、預け荷物が23kgと国際基準に則ったものであることです。以前、いただいたご質問があったのでついでにご紹介しておくと、もちろん、手荷物が重量オーバーするときには追加料金を払えば、乗せることができます。追加料金は、1kgあたり1000円くらいとこれも国際的な金額と同じとなります。もっとも23kgを超える手荷物を預けて持ち帰るという日本人観光客を聞いたことはありませんが、問題なくできます。

 高麗航空は、魅力的な制服のキャビンアテンダントだったり、大人気のカレンダー、機内食、ツポレフやイリューシン、アントノフなど日本や諸外国では目にすることがない珍しい使用機材なども話題のなることが多く、飛行機マニアの熱い視線を浴びています。

 搭乗体験に加えて、この電子チケットも貴重な訪朝記念になるのではないでしょうか?

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。