北朝鮮ツアー2024の前に ガイド付き丹東観光で感動の旅体験を

竣工時には東洋一の規模を誇り現在も現役の水豊ダム
竣工時には東洋一の規模を誇り現在も現役の水豊ダム

北朝鮮の国章にも描かれる水豊ダム

 近い内に北朝鮮ツアー2024を旅行代理店としてお伝えできる…と、楽しみにしています。

 コロナ禍を経て、残念ながら、外国人にとって中国も旅行しづらい国となっています。

 外国人観光客も多く訪れていた中朝国境の丹東は、中国最大の北朝鮮貿易の都市、陸路で国境を接するボーダーエリアということもあり、特に厳しくなっています。

 現在、丹東の観光地でも、外国人旅行者とみられる人を見かけることは、少なくなっています(中国人観光客で賑わっています)。

 そんな旅が厳しくなった丹東で、特別な感動体験をしてみませんか?

 戦前、間組と西松組が築き、竣工時には、東洋一と呼ばれた巨大ダムがありました。

 1944年(昭和19)に完成した「水豊ダム」です。
 
 建設には、当時、日本統治時代の朝鮮人、満州国安東(丹東)の満人たちも多く建設に関わっています。

 「ました」と過去形で書きましたが、現在も現役で稼働する発電用ダムです。

 多くの朝鮮人たちも関わったからでしょうか、水豊ダムは、現在の朝鮮民主主義人民共和国の国章にも描かれているので、見たことがある人も多いかと思います。

 そんな水豊ダムは、丹東駅から鴨緑江を上流に北東約80キロ・メートルのところにあります。

中国のダムは軍管理地扱い!?

 

北朝鮮側の斜面にある「金日成・金正日主義万歳」の文字
北朝鮮側の斜面にある「金日成・金正日主義万歳」の文字

 鴨緑江をせき止めた水豊ダムのダム湖は、琵琶湖の半分ほどもある巨大な人工湖です。

 このダム湖では、かつて金正日(キム・ジョンイル)総書記と料理人の藤本健二氏がジェットスキーで競争して遊んだことでも知られています。

 ダム周辺には、中朝両岸とも大きな建物がないため、ダムがより大きく感じる圧巻の光景が広がります。

 北朝鮮側には、「金日成(キム・イルソン)・金正日主義万歳」の巨大な文字が並び確認することができます。

 日本と、現在の北朝鮮、中国の3か国と非常に歴史的な関わりが深いダム、それが水豊ダムなのです。

 なぜ、現在、水豊ダムを訪れることが特別な感動体験なのか?というと、ガイドなしでは行くのが難しいからです。

 ガイドなしで水豊ダムへ行くのが難しくなったのは、正しくは、コロナ禍直前からなのですが、その理由は、そもそも中国のダムは、日本や主要国のように観光地ではないためです。

 特にダムなどの発電施設は、空港や駅、港湾などと同じく、国家重要施設として、軍管理地に近い扱いになっています。

 中国の法律通りに解釈すると、ダムを写真や動画撮影をすると、拘束されても文句は言えない…となるわけです。

 そんな場所なので、追加費用がかかりますが、ぜひガイドをつけることを強く推奨しています。

貴重な旅体験をビザ・ガイドセットのツアーで

 大連や上海、深センなど国際空港がある主要都市だけの訪問であれば、最大144時間(6日間)滞在できるトランジットビザ免除が便利です。

 トランジットビザ免除を利用するためには、帰路を韓国など第3国経由での旅程を組んでもらう必要があります。

 ただし、トランジットビザ免除では、大連から丹東や瀋陽など同じ遼寧省内の移動もできないため、丹東へは行けません(中国観光庁確認済み)。

 そのため、丹東へ行くのであれば、アライバルビザ(大連イン・アウト)や通常の観光ビザ(L)などを取得して訪れることになります。

 往復の航空券はご自身で購入してもらい、希望日程を伝えてもらえれば、アライバルビザ(または通常のビザ)と、大連や丹東のホテル、大連-丹東の高速鉄道の切符、ガイド手配などでツアーとして提案させてもらいます。

 ホテルは、ご自身で予約されても問題ありません。中国の旅行会社が母体であるコリアツアーズでは、おそらく、Agodaや楽天トラベルなどよりも安く予約できると思いますので、お気軽にご相談ください。

 水豊ダムだけではなく、丹東市内、丹東駅から15キロ・メートルほど南の新鴨緑江大橋(丹東新区)、水豊ダムよりもさらに北東の河口断橋(河口村)なども一緒に旅をされてはどうでしょうか?

 訪れる外国人が少ない今、貴重な旅体験となること間違いなしです。

 大連コリアツアーズは、中国入国、移動、滞在を常に最新の情報をもって強力にサポートします。

 河口断橋については、改めて2024年の最新情報をご紹介します。

 大連イン・アウトのアライバルビザについてはこちらをご覧ください。

ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

大連イン・アウト中国アライバルビザ開始 申請方法と必要書類・情報

日本時代の路面電車車両が現役で走る大連
日本時代の路面電車車両が現役で走る大連

事前申請で大連空港で発給されるアライバルビザ

 まだ北朝鮮旅行は再開される情報はございませんが、2024年4月1日、日本の新年度から大連空港での「アライバルビザ」発給が新しく始まっています。

 現在、中国では日本人向けのビザ免除制度が停止されております。

 そのため、訪中するためには、観光(L)ビザなどを日本で事前に取得する必要があります。

 ビザ申請に必要な個人情報も多くやや複雑でしたが、1日からは、入国前に大連空港で取得できるアライバルビザの発給がスタートです。

 余談ですが、中国経由で北朝鮮へ観光する場合は、中国への入国回数1回のシングルではなく、最低でも入国回数2回のダブル以上のビザを取得する必要があります。

 今回、新しく始まったアライバルビザはシングル、30日間有効のLビザです。

 観光客誘致を目的とした施策のため条件がございます。

アライバルビザの条件と概要

・大連イン・アウト(市外・省外への移動OK)
・利用フライト情報、宿泊ホテル(4星以上推奨)、滞在日数を旅行会社へ提出
・申請は渡航予定の15日前まで(1週間以内に結果を通知)
・ビザ発給確認書の発行日から15日以内に渡航すること
・最大滞在日数30日間
・観光(L)ビザ・シングル
・最低申請人数2人以上(1グループ最大50人を上限。51人以上なら2グループとする)
・申請後の追加・増員は不可。減員は可
・ビザ申請のみも可能(グループツアー手配であればアライバルビザ手配費用は割引)

アライバルビザ申請に必要な書類・情報5点

1.日程表(利用フライト情報、宿泊ホテル、滞在日数)
2.旅券写真
3.証明写真
4.職業
5.出生地

 申請時にアライバルビザ手配料金をご入金ください。

 ご入金は日本円で必要書類も日本国内で承ります。国際送金や国際郵便は不要です。

 ビザ手配料金、必要書類などの詳細はお問い合わせください。お答えします。

中国へ確実に入国・安全に滞在するために

 せっかくの大連の旅行会社とのご縁です。

 大切な身の安全に関わる私たち中国の旅行会社が持つ中国入国、滞在の注意点、最新情報もビザやツアー手配のお客さまへシェアさせてもらいます。

たとえば、
・写真・動画撮影、撮ってはいけない場所

・〇〇や××と接触していないか(または関係者と見なされないか)?

・特定の新興宗教信者や関係者ではないか(関わりの有無)?

 などです。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

北朝鮮旅行に必要な中国ビザはダブル? 再開後は商用ビザ提供を検討

北朝鮮旅行再開後に必要となる中国ビザ
北朝鮮旅行再開後に必要となる中国ビザ

Xのフォロワー1000人超え

 訪朝再開は…の最新情報は、残念ながらまだございません。

 新型コロナウイルス完成爆発の初期、2020年1月末、観光入国が停止となり、4年以上が経過しています。

 この当時、後に世界中が大混乱し、いわゆるパンデミックと呼ばれる非常事態になるなんて誰も想像していませんでした。

 今から振り返ると、北朝鮮の全面入国停止は、パンデミックの初期だったことがわかります。

 今年は2024年、北朝鮮観光が中断して4年以上となります。

 コロナ禍から今日に至るまで、さしたる情報も発信できない状況は続きますが、おかげさまで旧ツイッター(X)のフォロワーさまが1000人を超えました。

 感謝しています。

中国ビザ手配サービス

 今月26日には、サッカーワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本から見たアウェー戦(平壌?)が注目されています。

 本件について近日中にメルマガを配信しようと考えています。

 大連コリアツアーズは、中国入国ビザの手配サービスも提供しております。

 今後、北朝鮮旅行再開時、日本人向け中国入国のビザ免除が再開していなければ、ビザを取得する必要があります。

 中国だけを訪問するのであれば、トランジットビザ免除や各種シングルビザ(入国回数1回)取得で問題ありません。

 しかし、中国を経由して訪朝するとなると、中国へ2回入国することになるので、ダブル(入国回数2回)やマルチ(3回以上入国可能)ビザが必要となります。

 コリアツアーズでは、ダブルも含めた各種ビザの手配サービスも行っています。

 もし、訪朝が再開したら、L(観光)ビザではなく、より安心して中国に滞在できるM(商用)ビザ取得を検討しています(取得費用はLもMも同額)。

 大連にある旅行会社の利点を最大限に生かし、より確実な訪朝手配を提供したいと準備しております。
 
 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

Xで表示トラブル発生中? SNSフォローで北朝鮮ツアーの情報を

朝鮮旅行(コリアツアーズ)Xトップ画面
Xやフェイスブック他にも各SNSでも発信中

コロナ禍後も投稿継続中

 公式サイトへもプラグインで表示させている旧ツイッター(X)の表示に不具合が起こっているようです。

 仕様の変更か、一時的なトラブルかは定かではありませんが、最新ポストが表示されなくなっています。

 コリアツアーズは、SNSの中でXへの投稿が一番多いため、北朝鮮旅行・ツアーについて知りたい方はぜひフォローくださいませ。

https://twitter.com/koreatoursdl

 フェイスブックページもあります。

https://www.facebook.com/koreatoursdalian/

 コロナ禍後も頻度は減っていますが、定期的に投稿しています。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

北朝鮮旅行再開は? 2024年北朝鮮カレンダーの写真を眺めて準備

北朝鮮カレンダー2024(主体113)
国際親善展覧館に展示されている世界各国からの贈り物がデザイン

北朝鮮カレンダー2024

 北朝鮮旅行再開っという話は、残念ながら現時点でもまだございません。

 経由地である中国人向けツアー再開についても中国当局から通知がない状況です。

 最新情報が入れば、コリアツアーズ公式サイトやSNSでお伝えします。

 さて、北朝鮮への旅行が停止して4度目の2月を迎えています。

 私たちコリアツアーズが、丹東経由の大連で入手した北朝鮮カレンダー2024(主体113)をご紹介します。

 紹介するのは、1枚目に透かしで映る妙香山「国際親善展覧館」に展示されている各国から贈られた品々がデザインされたカレンダーです。

 吊り具は、丈夫な金属でしっかりして、全ページをきれいにめくることができます。

 もちろん、朝鮮暦のため、2月16日の光明星節と4月15日の太陽節は特別な太字となっていますよ。

 美術品を中心とした贈り物がデザインされていますので、普段遣い、ご家庭や職場でもご家族や同僚の皆さんたちの目を気にすることなく堂々と飾れそうですね。

 2024年カレンダーの写真でも眺めながら、北朝鮮ツアーが再開した光景でも思い浮かべたいものですね。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。