「聖地」錦繍山太陽宮殿訪問について 非日常的で圧倒される異空間

「聖地」錦繍山太陽宮殿訪問について 非日常的で圧倒される異空間

錦繍山太陽宮殿への訪問はツアー申し込み時に特別リクエストとして申請を

 錦繍山太陽宮殿は、金日成主席と金正日総書記のご遺体が安置されている場所です。2012年にこれまで要人や駐在員、出張者など一部の人たちしか訪問できず観光客には積極的に公開されていなかったのが広く観光客へも公開されるようになっています。

 しかし、昨年秋ごろから訪問について厳格化されています。もし、錦繍山太陽宮殿への訪問を希望されるのであれば、ツアー申込み時に訪問希望をお伝えください。申し込み後だと上手く伝わらず訪問できない可能性があります。

 また宮殿内には、金日成主席と金正日総書記に関連する品々や世界各国からの勲章や贈り物などが展示されており、宮殿内はすべてを見て回るのに半日ほどかかる広大な空間です。

錦繍山太陽宮殿の歴史

 錦繍山太陽宮殿は、1976年に金日成主席が公務や生活をするための官邸として建てられたものです。当時の名称は、「錦繍山議事堂」と呼ばれていました。金日成主席が亡くなったあとにご遺体を保存するための施設へ改修され、亡くなってから1年後の1995年7月8日に「錦繍山記念宮殿」と改称しています。

 2012年2月16日に前年末に亡くなった金正日総書記の生誕日に合わせてご遺体を安置し、名称を現在の錦繍山太陽宮殿へ改称して現在に至っています。

今が21世紀であることを忘れる異空間

 実際に錦繍山太陽宮殿を訪れた人の感想をお客さまの声に載せています。

 簡単に引用しますと、

 スターリン、毛沢東、ホー・チ・ミンなどの霊廟も訪れたことがありますが、錦繡山太陽宮殿がもっとも格式が高く、何とも表現できない独特の空間に圧倒されます。

 こんな場所が21世紀の現代にしかも東京から1300kmあまりの場所にあるとは信じられない浮世離れしたそんな場所です。

 どうでしょうか?訪れてみたくなりませんか?

神聖な場所なので厳格なドレスコードが存在

 錦繍山太陽宮殿を訪問するためにはツアー申込み時に特別リクエストとして伝える必要がある点とドレスコードがあります。

 ただし、ドレスコードは明確なものはなく、失礼にならない服装とだけ通達されています。過去に訪問した人たちの事例からすると、男性は、黒系のジャケット、ズボン、革靴、女性は同じく黒系のロングスカートやパンツ、ドレスとなります。入場が断られるNG服装は、ジーンズやスニーカー、ミニスカート、ノースリーブなどです。現地でオートクチュールの人民服を作り訪問するツワモノもおりますが、そこまでしなくても大丈夫そうです。

 また、宮殿入り口でコートなどの外套や荷物を預ける必要があります。当然ながら宮殿内での撮影は厳禁です。現地ガイドの指示に従い行動ください。

 錦繍山太陽宮殿への訪問料は無料です。訪問できる日は原則日曜日と木曜日の週2回で、元日や祝日などには特別開放されます。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です