9月16日からの大連チャーター便と上海便との掛け合わせでより訪朝をお得に

LINEで送る
Pocket

大連から北朝鮮ツアーへ行ける高麗航空チャーター便就航
大連市内

大連発午前10時50分平壌発午前9時30分AN148での旅

 9月16日(日)から運行される大連と平壌とを結ぶチャーター便の運行時間が発表されています。

 毎週日、木曜日の2週便
 JS822 大連発10時50分-平壌着13時00分
 JS821 平壌発09時30分-大連着09時50分

 
 使用機材アントノフ148(満席時ツポレフ204)


Antonov AN-148 / 158 promotion video

 アントノフ148は、62席のリージョナルジェットです。現在は瀋陽への定期便と上海へのチャーター便でも使われている機材となります。

 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。 

大連で日本のもう1つの近代史を感じてみませんか?

 朝鮮とともに発着地の大連でも観光を楽しんでみませんか?

 大連には居住日本人が約4800人(外務省平成30年要約版)、出張者など短期滞在者を含めると1万人ほどがおりますので、日本料理店が多く、日系のローソン、日本領事館の出張所などもあります。また朝鮮族も多くいるため韓国料理店も充実しています。

 大連は観光地が少ないと言われます。確かに瀋陽や北京のような世界遺産はありませんが、明治から昭和前半までの日本の近代史と密接にリンクしておりその名残を今でも街中で見つけることができます。


Dalian Official Promo Video 2015
大連公式動画です。英語ですが大連の雰囲気は伝わってくるのではないでしょうか。興味を持たれたら大連とググってみてください。日本との縁があり現在でも多く日本人が在住しているので様々な観光やローカル情報が出てきますよ。

コリアツアーズお勧めの組み合わせ

 詳細なツアーや旅費などは数日内に発表します。

1.大連チャーター便-大連チャーター便
 中国国内移動が少なく楽々で、また大連への航空券も往復割引も適応されるのでお得です。出発前後は大連泊が必要です(午後2時30分発の大韓航空に乗れば当日成田へ戻ることもできます)。

2.丹東からの国際列車-大連チャーター便
 これも大連イン、大連アウトで訪朝することができます。大連から丹東へは快速鉄道(新幹線)で最速2時間で行くことができます。出発前日は丹東泊、到着日も大連泊がお薦めです。

3.大連チャーター便-上海チャーター便
 大連発なら初日から午後、夕方とたっぷりと平壌観光が楽しめ、上海へのチャーター便は平壌発が午後7時50分のため最終日がまるまる1日平壌観光ができ実質的に平壌での滞在日数が延長となります。北京、瀋陽、大連便いずれも午前の早い時間の出発のため最終日は朝食後そのまま空港へなり最終日の滞在は実質的にないため上海便はお得です。

 到着する上海浦東空港周辺のホテルは日本ビジネスホテルよりも高くなっていますが、LCCピーチや春秋航空日本などを利用すれば宿泊せずに当日乗り換えもできます。ぜひ上手に活用して旅費を節約し、朝鮮滞在時間を最大限にしてください。
 
 ご質問やお申込みはこちらからお気軽にどうぞ。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)